販売の戦略プランを

小売の低迷の背景には続く円安ドル高、また関連して近年の貿易収支の赤字の影響があります。売れる販売をするには戦略プランが必要です。徹底的なマーケティングをして、消費者が必要としているものは何かを見抜き、それに見合った商品開発または仕入れをし、販売につなげていくのが最低限でも必要です。仕入れをいくら増やしてもそれが消費者のニーズに合致していないと販売にはつながらず、売れ残った商品は在庫となりやがてデッドストックとなります。デッドストックとなった商材は売れることもないためそのまま赤字につながります。このような悪循環のせいで小売の低迷は続きます。適切な計画を立てて、どの季節にどの商材が売れるのか、いくら売れるのかを適切に把握し分析をすることで企業の販売戦略プランが見えます。例えば国が違えば売れる商材が全く違います。その国で人気がある商品をそのまま輸入し販売をしても必ず売れるわけではありません。他に性別によっても対象は変わってきます。企業のカラーに合わせ対象となる消費者に照準を絞る上で、戦略プランは重要な柱となります。

最新追加コンテンツ

Copyright© 小売の低迷から売れる販売を All Rights Reserved.