小売・百貨店は売れない時代

買い物と言うのは、街にあるお店でするということが当たり前という時代が長く続きましたが、今ではパソコンや携帯電話の普及により、インターネットを利用して買い物をする人がとても多くなり、小売・百貨店が売れない時代に突入してしまったとも言えます。 ちなみに、インターネットショッピングの良い所には、店頭に商品が並べられていないため、色々な人が触ったり試着しておらず、状態の良い商品が変えるというものがあります。また、ポイントが付くインターネットショッピングの方がお得、と考える人もいるでしょう。 小売・百貨店がどうしてもできない部分であれば対抗することはできませんが、ポイントサービスのように、小売・百貨店でもできるサービスもありますから、そういった点でおくれをとらないようにすることが一つの手段です。また、逆にインターネットショップではできないサービスを充実させることで差別化を図るのも一つの手段で、効果的と言えます。売れないと嘆いてばかりいたり、インターネットが普及したから仕方ないと諦めたりするのではなく、小売・百貨店の環境を生かした魅力的なサービスを提供していく意識が大切と言えます。 では、小売・百貨店の魅力的な部分と言えばどんなものがあるかというと、それは人と人との対話にあります。インターネットショップと違い、顔と顔を合わせて買い物をすることになります。この環境の良いところは、質問をしたらすぐに返ってくるところです。また、店員さんと話をしながら買い物をすると言うのはなかなか楽しいもので、こういった時間も買い物の醍醐味と言えます。ですから、何か物が欲しくて買い物に行くと言う考えはもちろんですが、あの人に会いたくて行く、という付加価値も大切になってくるわけです。そして、百貨店のように一つの施設にたくさんのお店が入っている所に行った場合、一度のお出掛けで色々なお店で買い物をしたり食事をしたり、イベントを見て行くといったことはよくあることです。施設内の環境が充実していれば、それだけ相乗効果が期待できます。 一人一人が前向きに取り組んでいく意識が、売れない状況を改善させることにつながっていくと言えます。

客足が伸び悩みするから

小売店は客足が伸び悩みすると、売り上げに直結し経営を低迷させます。逆に言えば、客足を伸ばすことで売り上げを伸ばすことが ⇒ 詳しくは

最新追加コンテンツ

Copyright© 小売の低迷から売れる販売を All Rights Reserved.